ビューティーンのヘアカラー

ホーユーと言うよりビゲンと言ったほうが、ピンと来る人は多いのではないでしょうか。

ホーユーは白髪染めの会社のイメージは薄れつつあり、今ではいろいろな髪の色に染めるヘアカラーメーカーとして有名です。

ヘアカラーのビューティーンは1990年に発売され、ビゲンなどのような商品戦略からイメチェン商品としてブランド化された商品なのです。

ビューティーンはこれまでの白髪染めの商品とは一線を画し、時代のトレンドを反映させるヘアカラーとして方向転換したのです。

若い女性を対象とするビューティーンのヘアカラーの提案は、イメージキャラクターとして、神田うのを起用した頃には、ブランドコンセプトがほぼ確立されたと言っても過言ではないでしょう。

また、矢沢あいの書き下ろしキャラクターを起用して、キャラクターのタイプ別に商品設定をするなど、若い女性にインパクトを与えて、CMイメージや恋愛心理テストはブランドイメージを強力にアピールする結果になったのです。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。